新宿整体学校 怪我の知識とトレーナーの職域

 

弊社は、新宿から快速で18分登戸にある完全マンツーマン指導。

他の整体スクールと違うのは?

独立開業レベルの技術をお伝えする完全マンツーマン

整体師とパーソナルトレーナーのライセンス取得レベルの基準値まで一気に上げていきます。

新宿から20分 新宿整体学校をお探しなら!

スポーツトレーナーとして適応外のケースがあり、知っておくべき対応についてお伝えします。

私のメインのサービスである整体のコンディショニングもスポーツトレーナーの仕事の範疇です。

しかし、最近ではマッサージやペアストレッチは、国家資格など専門資格がなくてもあちらこちらで施術をしているシーンを見ます。

しかしながら現場では適用外のような症状も少なくありません。

そのような時に、安請け合いをしてかえって悪化させてしまっては責任問題になってしまいます。

そうならないためにも日々長年やっている私たちですら慎重に、かつ自分で経験したことのないことに関しては先生に聞いたりや、場合によっては医療機関に紹介することも少なくありません。

以前、私の娘が足の関節を疲労骨折しました。

近所の整形外科に通院し、私も立会いました。

しかし、ドクターですら、実は疲労骨折を見落としていました。

娘に「触って痛い?」と問診するも、触診までしていなかったので「明日から、電気かけに行こうか?」

私は娘の足関節を整体で触った際に痛みがあったことから「先生 触ってみてください。私が触ったら痛いと言っていました」と伝えました。

3回目の通院で私の提案で触診してやっとMRIのある医療機関を紹介されて、疲労骨折だということが分かったのです。

つまり、ドクターですら分からないことが多く、スポーツトレーナーというのは常に選手に寄り添っていくことで、早い復帰を促すことができるのです。

その経験から選手が明らかに怪我と思われた際には、、、

私はMRIがあるお付き合いがある病院に紹介するようにしています。

場合によっては、紹介状を書いて、患者様に受診する医療機関のドクターに渡してもらう紹介状を渡しています。

紹介状をお渡ししたドクターから、お礼のお手紙を頂き、診断結果を知ることができます。

そのように怪我や病気の際は、医療機関との連携と、私のように医師とは違う見立てや継続時なサポートは必要だと思います。

 

私は、整体院を経営していますが、整体院で手に負えない怪我や病気の方もお見えになります。

そのような方は、すぐにMRIがある整形外科に紹介します。

当スクールでは、新宿の整体学校でもトレーナーと独立開業レベルのスキルと2つの武器を完全マンツーマン指導しています。

produced by infree.