パーソナルトレーナーNSCA国際ライセンスの受験も推奨しています。

パーソナルトレーナー国際ライセンスNSCAとは、米国NSCA認定パーソナルトレーナーと言われパーソナルトレーナー業界では業界的にも運転免許証のようなスタンダードな資格です。

この資格を取ることでスポーツクラブと業務委託で7割から8割程度の高歩合でパーソナルトレーナー契約をすることができます

世界標準トレーナーとしての知識を身につけ、クライアントの悩みに対して個別のアプローチトレーニング指導や栄養指導、生活習慣指導も含めた教育まで行うことでクライアントの望む身体になるようなサポートをします。

世界的な権威ある研究者によりいかれた専門的な知識を身に付け、国際的に朝信用性があるパーソナルトレーナーの資格を認定するライセンスです。

NSCA-CPTは、一般の方から高齢者の方までトレーニング指導を行います。

体育大学を卒業した人だけではなく栄養士、スポーツドクター、理学療法士、整体師の人でもこのライセンスを取ると一定のセミナーの受講ができたり、パーソナルトレーナー専門の保険に入ることもできます。

それだけNSCA-CPTは世界的にもどこの国に行っても通用するような医学的、運動生理、解剖学の知識を常に学ぶなければいけない環境に身に置くことになります

NSCAの合格率は5~6割と言われています。

『パーソナルトレーナーの基礎知識』と言うテキストがありますが、 1から学ぼうとするとかなりの膨大な時間がかかります。

この辞書のような分厚いテキストの中から実は出題傾向があり勉強しなければいけない問題は練習問題を解くことから行ったほうが効率的です。

NSCAの試験問題は公表されていませんが、テキストを読んでいくと例題がでてきます。

私のダイ整体コンディショニングスクールでは整体を学びながらも解剖学や運動生理学の話に触れていくので、どこの部分をテキストで学んでいく必要があるのかを触れています。

NSCAの資格試験は、毎年出題傾向が決まっています。

試験だけに絞って勉強すれば半年ほどで合格レベルになります。

この試験の合格レベルの知識があれば、通常の整体の学校を卒業する以上の基礎知識が身に付くと思います。

しかし残念ながらペーパー試験に合格してもペーパートレーナーになってしまいます。

そのため試験問題も、現場で生かせる知識として学んでいって頂きたいと思います。

 

あなたはどの道を選びますか?

例えばトレーナーの資格でも資格がなくても仕事を始めることが可能です。

例えばクライアントの人が怪我しまった場合、最悪訴えられる可能性もあります。そのような国際的な事例を共有するされた上で教育がされているのがNSCAです

パーソナルトレーナーを目指す方は、NESTA-PFT、JATI-ATI、NSCA-CPT の3つの資格が一般できる。

NSCA-CPTは、 45,200円と安価です。

通常パーソナルトレーナー系の専門学校は、150〜200万。

NSCA-CPT対策スクールは、30万〜80万かかります。

ある程度知識がある方なら独学でも合格ラインにいきますが、私のLINEやメールマガジンでも勉強方法を紹介しています

NSCA資格取得まで。5日間無料学習法メールマガジン

 

友だち追加

produced by infree.