RSS
 

Archive for the ‘NSCA 試験対策もしています。’ Category

パーソナルトレーナー 資格 NSCA勉強法

15 10月

NSCAは、パーソナルトレーナーの国際ライセンスです。

資格はあくまでも登竜門ですが、NSCAは取得後もセミナーやシンポジウムや機関誌での教育システムがあります。

私自身はNSCA-CPTとCSCSの両方取得し、特別認定を受けて資格自体も、プラスになっています。

もし、この資格を取得し、パーソナルトレーナーの業界で活躍されたい方がいましたら、無料メルマガにご登録ください。

資格を取得することが目的ではなく、キャリアアップに活用頂けるような動画配信をしています。

 

 

登録

 

解除
*メールアドレス
 


*お名前(姓)
 


友だち追加

https://line.me/R/ti/p/%40daiseitai

 
「いいね!」をクリックすると、フィード内で友達とページの更新情報を共有できます。コメントもお待ちしております。
コメントは受け付けていません。

Posted in NSCA 試験対策もしています。

 

整体・パーソナルトレーナースクール(NSCA対策)

12 11月


幅広い知識を持ったパーソナルトレーナーの養成をしている団体で「NSCA認定パーソナルトレーナー(NSCA Certified Personal Trainer: NSCA-CPT)」という資格があります。

この資格は学校にいかないととれないというのではなく、独学でも合格する方もいます。

しかし逆に体育大学生や専門学校生でも、不合格になる方も多いので、幅広く勉強しなくては合格できません。

スポーツ選手だけでなく、フィットネス目的の一般の人、医療的な問題を抱えるリハビリ目的とした人など様々。

NSCAパーソナルトレーナーの認定として、国際ライセンスを修得を目指してみませんか?

当パーソナルトレーナー整体師養成スクールでは、NSCAの試験対策をしながら、整体師・パーソナルトレーナーで活躍できる人材を育成しようと思います。

 
「いいね!」をクリックすると、フィード内で友達とページの更新情報を共有できます。コメントもお待ちしております。
コメントは受け付けていません。

Posted in NSCA 試験対策もしています。

 

NSCA 試験対策もしています。

29 10月
整体師は、マッサージや柔道整復師・鍼灸のように国家資格ではありません。
その為、開業するのに特別な資格が全く必要ないのです。
整体スクールなどで学んで、卒業というステップを踏んでいきますが、卒業証書や資格は民間資格なので、どこにいっても通用するものという訳ではありませんね。
整体スクールの資格自体は、認定よりもその過程で勉強することに価値があると考えます。
整体師でパーソナルトレーナーの資格と知識を持った人材は、まだまだ少ないです。
私は、整体の資格以上にもし一から目指すなら、NSCAでは、「CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)」と「NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)」の合格を目標に勉強することをオススメしています。。
NSCAの資格認定試験は、世界各国300以上の会場で5ヵ国の言語に翻訳され、実施されています。またその認定者数は、全世界で合計30,000名を超えていますが、国際ライセンスになります。
米国内はもとより、国際的に最も信頼性の高いパーソナルトレーナーの認定資格として、米国の資格認定の承認を受けています。
国際ライセンスなので、海外でも使えますし、大手のスポーツクラブでもパーソナルトレーナーとして契約しやすい資格でもあります。
NSCAでは、「CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)」と「NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)」2種類の資格がありますが、私は両認定を受け、ウチのスタッフにも資格をとらせました。
独学でも勉強できますが、合格へのノウハウや勉強法も支援しています。
当スクール生専用の会員ページができたら、NSCAの独学での勉強法もアップしていこうと思います。
整体の学校を卒業するより高確率も50~60%程度なので困難ですが、一生の仕事にするなら、まずはNSCAの合格を目標にすると、仕事の広がりができると思います。
 
「いいね!」をクリックすると、フィード内で友達とページの更新情報を共有できます。コメントもお待ちしております。
コメントは受け付けていません。

Posted in NSCA 試験対策もしています。